聞こえを改善できる|原因不明のめまいは耳鼻科でしっかり治療しよう
医者と看護師

原因不明のめまいは耳鼻科でしっかり治療しよう

聞こえを改善できる

女性

さまざまな形状があります

補聴器にはさまざまな種類があり、選び方も人によりさまざまです。形状は大きく三種類あります。耳の穴にすっぽりと隠れてしまう耳穴型補聴器は、オーダーメイドで作成していきます。周囲に装用しているイメージを隠したい人や、音の方向を感知しやすい特徴があります。最近では生活防水のものもあり、生活習慣に併せて選び方を工夫するとよいでしょう。耳の後ろに引っかける耳掛け型補聴器は、汗をかきやすい人にお勧めです。体内の汗が補聴器本体に入りにくく故障が少ない機種といえます。耳掛け型にもサイズがあり、付け心地の良い軽量タイプや重度のため内部の容量が多くなる大きめのサイズのものもあります。三つ目に、昔ながらの形状のポケット型があります。やや大きいため操作性が良く、指先の動きが悪い人にはお勧めの補聴器です。

聴力に応じて選ぼう

補聴器の選び方は形状だけではありません。耳掛け型のカラーバリエーションもさまざまあります。以前は肌に近い色が好まれていましたが、最近では白髪の人にはシルバーカラーを、子供が装用する場合にはカラフルな色を用意しています。補聴器のマイナスイメージを自分好みの色でポジティブに印象を変えてくれます。また、補聴器の選び方は見た目だけではなく聴力レベルに応じた性能にも注意が必要です。軽度から中等度の聴力レベルの人と高度や重度の人の場合、同じ形状をしていても出力の違う補聴器が必要です。選び方を間違えると聞こえが改善されず、雑音が気になったり、明瞭感が改善されない場合があります。聴力レベルは耳鼻科や補聴器専門店の担当と相談しながら選定しましょう。