耳のトラブルを解決します|原因不明のめまいは耳鼻科でしっかり治療しよう
医者と看護師

原因不明のめまいは耳鼻科でしっかり治療しよう

耳のトラブルを解決します

ドクター

様々な症状に対応します

新宿の耳鼻科を受診する際には、難聴や耳鳴りといった耳の不具合だけでなく、めまいや顔のしびれといった一見耳鼻科とは関連性の見えない症状で受診が必要な場合があります。難聴や耳鳴りの原因を作っている内耳のリンパ液のむくみや周辺の血液の流れが悪くなる症状は、周囲の器官にも悪影響を与えてしまいます。バランス感覚を司る三半規管や耳石は内耳と隣接していて、耳の閉塞感が出るのと並行してめまいが生じやすくなります。また、顔面神経も周辺に分布しており、顔のしびれや麻痺が生じた際には、新宿の耳鼻科で治療をすることで顔のしびれが改善されることができます。複雑に絡み合った聴覚を司る器官は治療方法も難しいため、早目に治療することで回復を目指しましょう。

腫瘍による難聴があります

新宿の耳鼻科では突然の難聴の症状が現れた時、聴力検査と共に画像検査を行います。CTやMRIなどで撮った画像は内耳だけでなく、脳へ繋がる聴神経の状態を確認する必要があります。聴神経は蝸牛神経と前庭神経で構築されており、前庭神経には良性の腫瘍ができる病気を発症することがあります。この聴神経腫瘍は良性のため他の器官に転移することは少ないのですが、発症した位置や大きさにより脳や他の器官を圧迫させる恐れがあります。この腫瘍により突発性難聴になったり、脳周辺にできた場合には重大な病状へ変化することもあります。新宿の耳鼻科で早期に画像検査を行い、病状の原因の特定や治療方針を定める事で早期解決に結びつきます。