原因不明の耳の病|原因不明のめまいは耳鼻科でしっかり治療しよう
医者と看護師

原因不明のめまいは耳鼻科でしっかり治療しよう

原因不明の耳の病

耳

放置が一番危険

突発性難聴は、文字通りにある日突然耳が聞こえなくなる病気です。両方ではなく、片方だけが聞こえなくなるというのが、この病気の特徴です。加齢による音が聞こえづらいケースとは別のもので、むしろ最近では若い人の方が発症する場合が多いです。突発性難聴の困ったところは、原因がはっきりしていないことです。片方の耳だけに蓋をしたような聞こえづらさや、めまいを感じることが主な症状です。問題は、いつ聞こえなくなったのかがわかっても、なぜ聞こえなくなったのかがわからないのです。原因不明の突発性難聴ですが、とにかく片方の耳だけが聞こえづらいとわかったら、すぐにでも耳鼻科の受診をしましょう。この病気の治療には早く取りかかることが重要なのです。

医師の指示は守ること

片方だけだからと耳鼻科の受診を面倒に感じて放置すると、大変なことになります。実は突発性難聴は病気の進行がとても早く、治療の開始が遅れれば遅れるほど困難になります。目安は発症してから2週間以内といわれています。早ければ早い分だけ治りも早くなります。難聴の障害は1ヶ月ほどで聴力が安定してしまうので、時間が経つほど完治が難しくなるからです。突発性難聴の治療には他の難聴の治療と同様で、基本的には服薬治療になります。飲み薬の種類には、副腎皮質ホルモン薬を中心に利尿薬やビタミン薬、血の巡りをよくする血流改善薬などが使われます。ステロイド薬である副腎皮質ホルモン薬を飲むことに、副作用を心配するかもしれませんが、服薬をためらっては治療の効果を得られず、逆に悪化させることになりかねません。強い薬ではありますが、服用期間は1〜2週間ほどです。心配であれば医師に相談すればよいので、きちんと指示を守ることが突発性難聴を治す早道です。